介護の資格を取得してスキルアップを狙おう

国家資格を取得する

ウーマン

理学療法士とは医療の現場において、リハビリテーションを専門的に行う仕事をする人の事を言います。怪我等によって体に障害が発生した人に対して、運動や物理的な治療を施して状態の改善や維持を目指す等といった仕事になります。個人の障害の度合いや生活スタイル等に合わせて、専用のプログラムを作成してサポートをしていきます。障害のある人が自立した生活を送れるようにお手伝いをする仕事なので、非常にやりがいを感じる仕事だとも言えます。 理学療法士はなりたいと言ってもすぐになれるものではなく、国家試験に合格して資格を取得する必要があります。この国家試験の内容はとても専門性が高く多岐に渡るため、専門の学校に通って技術や知識を身に付けるのが基本です。

理学療法士の国家試験を受けるためには、まず定められている受験資格をクリアする事から始まります。理学療法士の国家試験の受験資格に関しては、国が定めている養成学校で3年以上専門知識や技術を学ぶ事が必要です。ちなみに作業療法士の資格を持っている人の場合には、養成学校で2年以上学べば受験資格を得る事が出来ます。国家試験については厚生労働所が指定した会場に赴いて受けるのですが、全ての都道府県に会場があるとは限らないので注意が必要です。試験内容は筆記試験や実技試験となっており、例年8割から9割の人が合格しているので比較的合格率の高い試験だと言えます。ただ年によっては合格率が7割まで下がってしまう事もあるので、決して油断しない事が大切です。