介護の資格を取得してスキルアップを狙おう

将来なりたいものに

ナース

メリット

看護師になるためには国家試験に合格することが必要です。そしてそのためには四年制の大学もしくは三年制の専門学校に通う必要があります。四年制の大学のメリットは、ゆっくりと看護を学べるところです。専門学校も四年制の大学も国家試験を合格するために必要な単位数は同じなので、学ぶ時間が四年制の方がゆっくり学べるのです。また、他の学部の勉強もできるのが大学の良いところです。また、歴史が長い大学を選べば実習先や就職先も多くあるので、就職するまでにいろいろな声を聴くことが出来ます。看護師といっても様々な分野があります。四年制の大学では、四年目にゼミや論文の科が設けられていることが多く、将来進む科を決めるにあたっても重要となってきます。

注意すべき点

看護師になるために四年制の大学・専門学校に進んだとして、どちらも同じ看護師であり、働いてからは同等になります。ただし、保健師や助産師になるためには注意が必要です。保健師は四年制の大学、もしくは大学院等に進む必要があります。保健師は業務独占でもあるため、看護師の資格兼保健師の資格が必要になりますが、これは専門学校では取得することが出来ません。これは助産師も同様で、看護師とは別に講義と実習を受け、単位を取得する必要があります。また、大学によっては取り扱っていない所もあるので注意が必要です。どちらを選んだとしても人の命に関わる重要な職業に結びつくことには変わりありませんので、進学することが決まれば、一生懸命勉強していきましょう。