介護の資格を取得してスキルアップを狙おう

将来なりたいものに

ナース

看護師の資格は四年制の大学もしくは三年制の専門学校に在籍し、必要な単位数を満たし国家試験を合格することで取得できます。どちらに進んでも選ぶ道は同じですが、保健師や助産師を取得したい場合は、別個のコースを選択することが必要です。

専門の学校に通います

メンズ

国家資格である放射線技師は、専門学校や大学などで勉強して資格を取得する必要があります。機械を使用する仕事であることからこれらに抵抗がないことや、向上心などが求められます。近年、女性の放射線技師の需要も高まっています。

現場で活かせること

介護

実務が基本

現在の日本は、高齢者社会と言われており、それに伴って高齢者を介護する仕事に対しても需要が高まっています。しかし、給与の低さや人材不足などにより、介護業界へ就職を希望する人は未だ少ないと言えます。その中で介護の仕事をしたいという人が、職場でやりがいを感じながら働きたいとするならば、資格をいくつか取得しておくと良いです。介護関係の資格はいくつかあります。介護職員初心者研修や実務者研修、ケアマネジャーや介護福祉士の4つが主に知られている資格です。これらに共通する点はとしては、どれも実務が絡んでくる資格であるということです。そのため、通信講座で自宅で知識だけを埋め込めば良いものではなく、実務講習を受けたり、実務経験がある程度必要であることが必須ですので、気をつけておきましょう。

給与やスキルアップになる

介護関連の資格を取得すると、具体的にどのようなメリットがあるのかというと、まず給与面での待遇が良くなる可能性があります。未経験者や無資格者に比べると、資格を持った人のほうが知識や実務スキルが高いとみなされることが多いためです。また、今まで働いていた施設とは別の施設で働きたいという時でも、資格を持っている人のほうが優先的に採用される可能性が高くなります。特に介護福祉士やケアマネジャーについては、長い実務経験や幅広い知識が求められています。施設で働くスタッフの中でも、全体を指導したりスケジュールを動かす立場になるため、待遇面でも良くなります。さらには、このような立場になることで、仕事にやりがいを見いだすこともできますので、資格の取得には大きなメリットがあります。

国家資格を取得する

ウーマン

理学療法士とは怪我等によって体に障害が発生した人に対して、運動療法や物理的療法を行う人の事を言います。とてもやりがいのある仕事ですがこの仕事に就くには、専門の養成学校で技術や知識を学び国家試験に合格する必要があります。